子どもの人権問題(いじめ)




子どもの人権問題(いじめ)で使える一文

(1)起 書き出し

この人権作文を書く「きっかけ」の部分

  • いじめなんて自分に関係ないと思っていました。
  • 最初は僕もあまり気にしていませんでした
  • 真剣に考えたことはありますか?
  • 誰かに傷つけられた経験がありますか?
  • 気づかないうちに誰かを傷つけているかもしれない
  • 人間は弱くて、とてももろい生き物
  • 自分一人では不安だから、集団で一人のことを傷つける
  • 私達には「個性」がある。
  • いじめというものをどこか他人事のように思っていました
  • 「人権」に初めて触れた瞬間でした
  • クラスの一部の人からいじめられている人がいました
  • テレビや新聞からたびたび伝えられている、いじめ問題
  • 人権は人間が人間として生まれながらにして持っている権利

(2)承 具体的なエピソード

人権問題を経験した具体的なエピソードを書きます。

  • 急に一人ぼっちになり始めた
  • いじめは前以上にエスカレート
  • 「じゃれ合っているだけだろう」
  • 心を閉ざし
  • つらい一日が早く過ぎ去ることを願い
  • なぜいじめられたのか全く分かりません。
  • 「イジメ」はどんどんエスカレート
  • みんなと一緒だから大丈夫
  • 落胆と不信感で一杯
  • 軽い気持ちで笑っただけだった
  • クラスのみんなが敵に思えた。
  • 私に向けられたクラスメートの会話
  • 笑顔をみるたびに胸が痛んだ
  • 素直になれず、一生懸命強がってみせていました。
  • クラスの子が急に冷たくなって
  • とても苦しくてつらい日々でした

(3)転 成長

具体的なエピソードから、自分は何か考え、感じたのかを書き、さらにその過程から自分がどのように成長したかを書きます。

  • いつも相手の気持ちを考えるよう努力
  • 私が誰かを支えていけたらと思っています。
  • 僕が強くならなくてはと思いました。
  • 悪いことを否定できる強い意志
  • 卑劣な行為を許さない
  • 困っている人を助け,笑顔にさせてあげたい。
  • 自分は関係ないなどという考えを持たず
  • いじめを受けている人の立場に立って
  • いじめに気づいてあげる
  • 人の良い所を見つけてあげる
  • 壁を突き破り、一歩踏み出すことが必要
  • 気持ちをさらけ出すことが大切
  • 自分をコントロール
  • 言葉や表情仕草などのシグナルをきちんと受け止めたい
  • 相手の気持ちを考えて行動しよう
  • 普段の行動からもっと意識していくべき

(4)結 まとめ

全体のまとめとして、成長した結果、どのように考え方や生活を改善したいかを書きます。

  • いじめられている人,困っている人に声をかけてあげてください。
  • いじめはとても卑劣で、卑怯なことです。
  • まっすぐ前を向いて生きていきます。
  • 命を大切に,今を大切にしていきたい
  • ほんの少し、クラスや学年の人たちが勇気を出すことで、いじめは無くなる
  • 笑顔があふれる世界になってほしい
  • 周りの人達の助けがあるから生きている
  • 人を認め,大切にする心をすべての人が持つ
  • お互いの長所を見つけ,尊敬し合う
  • 人を認め、大切にする心
  • 全人類が笑顔になれる
  • 人と人とのつながりを大事にしたい
  • 信頼でつながる人間関係を築いていきたい
  • 相手の考えを尊重しなければならない
  • 絶対に自分から逃げないで、自分に負けないでほしい
  • 一歩踏み出してみよう
  • どんな人でも生まれた時は平等な人
  • いじめは 「犯罪」。
  • 自問自答しなければならない
  • 「いじめ」 や 「差別」 がなくなる日を夢みたい
  • あたたかい心と心のつながりを大切にしていきたい
  • 笑顔があふれる世界になってほしい
  • 心も体も大きく成長しました
  • 人のやさしさに感謝しながら生きる
  • 仲間どうし、自分の気持ちが素直に言い合える
  • いじめに向き合い、どう対応していくか
  • まっすぐ前を向いて生きていきます
  • 「こころ」に残った傷がいつ消えるのか、いつ治るのかは分からない

子どもの人権問題(いじめ)の例文

体罰やいじめ

■例文

おすすめの記事