人権作文のテーマの戦争とは?

夏休みの宿題として人権作文が出されることもあるのではないでしょうか。

初めて人権作文を書くときは、どのようなテーマにするといいか悩むでしょう。

このようなときは、人権作文のテーマとして戦争を取り上げるのもいいと思います。

しかし、戦争は自分で体験することはないため人権作文を書くときは困るでしょう。

ここでは、戦争が起きる要因とは?戦争が与える影響とは?戦争を無くすためには?についてご紹介します。




戦争が起きる要因とは?

ここでは、戦争が起きる要因についてご紹介します。

資源を争う

国に資源があるときは、資源を争って戦争をします。

例えば、資源である鉱物を争って紛争が発生するときは、紛争鉱物といいます。

資源があるエリアでは、資源を武装勢力が独占するために、普通の住民を拉致したり、暴行を加えたりします。

そのため、紛争鉱物を使うのを多くの会社は禁止しています。

民族がお互いに対立している

民族紛争というのは、民族がお互いに争って戦争をすることです。

違った民族はお互いに歴史などが異なるので、考え方の違いが起きるときがあります。

そのため、戦争になるときがあります。

また、民族紛争としては、民族が同じでもお互いに対立するときもあります。

違った宗教がお互いに対立している

宗教紛争というのは、宗教がお互いに違うために争って戦争をすることです。

民族紛争と同じような内容ですが、宗教戦争も価値観が違うために、戦争が発生するものです。

そのため、人種差別や民族紛争などのトラブルも重なって戦争になります。

土地を争う

国境紛争というのは、国境の主張が違ったり、国境が明確でなかったりするときに起きます。

例えば、発展途上国では国境が明確でないときが多いので、よく国境紛争が起きます。

戦争が与える影響とは?

では、戦争はどのような影響を与えるのでしょうか?

ここでは、戦争が与える影響についてご紹介します。

住める場所が無くなる

街で戦争が始まれば、安全のために住んでいた人は避難する必要があります。

そして、難民になって、住める場所が無くなります。

昔から住んでいた場所は壊されているため、また帰ることはできません。

そのため、難民になった人は別の国に入ろうとしますが、難民を容易に受け入れてくれる国はありません。

また、難民を受け入れてくれるような国の人は受け入れに対して反対する意見もあり、なかなか難民の受け入れは進みません。

そのため、違法難民が多くなったり、違法難民は強制的に送り返されたりするときもあります。

難民は、このようにして住める場所が無くなります。

教育が受けられない

戦争が起きているところの子供は、実際には教育を受けるのが困難です。

教育を受けるのが困難な理由は、戦争が起きた場所で教育を受ける環境が整備されていないのみでなく、虐待を受けたり、拉致されたりした子供が多いためです。

特に、南スーダンにおいては、初等教育を約7割の子供は受けていません。

兵士として子供が戦う

戦争をするときは、子供が戦力として使われます。

子供兵というのは、戦場で兵士として戦う子供のことです。

兵士に子供がなる理由としては、貧困のために子供が衣食住の最低限のものを求める、子供を大人が誘拐して兵士にむりやりにする、ことが挙げられます。

また、麻薬やアルコールで子供を洗脳して家族や友達を殺させて、殺人することに対して抵抗を無くさせるときもあります。

子供は兵士の代わりになる「モノ」として取り扱われて、先に地雷原を歩かされたり、性的虐待を女性は受けたりするときもあります。

作物を作るところが無くなって、食料が足りなくなる

戦争によって作物を作るところが無くなって、作物が育たなくなります。

しかも、戦争があるときは、食料が入手しにくくなり、食料を自分で入手できないと飢餓します。

飢餓する人が多くなるのは、戦争が主な理由ということです。

戦争を無くすためには?

では、戦争を無くすためにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、戦争を無くすための活動についてご紹介します。

戦争を予防する

予防外交というのは、戦争が無くなるように仲介、交渉、調停を行うことです。

戦争が無くなるように、世界の発展や政治を見守って、予防活動を安全保障理事会などが行っています。

NGOが心のケアや教育サポートを行っている

戦争が長期間に渡っているため、NGOが学校に行けない子供に教育しています。

また、カウンセリングを個別に行って、戦争中に体験したトラウマをケアしています。

避難している国で順応できるように、家庭を訪問して、悩みを個別に聞く活動もしています。

おすすめの記事